最近のトラックバック

« 地域の振興 | トップページ | 前後左右上下をはいずる »

趣味と仕事

とかくどっちがどっちかわからない。好きだから選んだ仕事。そんなとき趣味はなにかと問われて、いまやっている仕事と答える。

そんな人が大勢いるようだ。私は好きなことをやりたいと思い、そういうことを選んだ。しかし、実際に仕事となると報酬に見合う成果をあげなければ、意味がない。ただ仕事は組織ですることが多く、いろいろな関係者の支援・助力が必要となる。したがって、好きなことだけをやっていられる環境にはない。

そこで、どうするか。企業には同じことを考えている人たちがいる。そこで競争力をつけないと希望の仕事はできないことになる。それが、実はいいのだ。競争がない世界はとてもつまらない。そこにあるのは自分との競争だけかもしれない。そして最終的には自分との競争にはみんな負けることが決まっている。他人との競い合いのほうが楽しいし、やりがいがある。ということは、趣味を仕事にはできないということだ。

勘違いをしてしまったようだ。でも、そこでくじけてはいけない。そういう環境を探し、自分に打ち勝つ力を手に入れよう。そのためには、TQMが大事になる。品質・経緯・事実・人間性というこれらの要素をどう認識して物事を考えていくかであろう。

人生そのものが趣味だという人もいるだろう。生まれつき、そういうオーラがあるといわれる人もいるだろう。そして、何もない人がほとんだから、そういう無から気兼ねなしに、何かを創造するのが、本当は楽しいはずだ。一番の楽しさを才能ある人は失っているのだからかわいそうでもある。いろんな趣味を楽しむ姿勢が大事ではないか。それは競争ではなくてできないことができるようになるだけで、うれしいものだ。できないことがおおければそれだけ多くの楽しみがあるといえよう。

さあ、仕事をしよう。

« 地域の振興 | トップページ | 前後左右上下をはいずる »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 趣味と仕事:

« 地域の振興 | トップページ | 前後左右上下をはいずる »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ