最近のトラックバック

« 好景気を想う | トップページ | 社会の仕組みを考えること »

やりたいこと

趣味。なし。

仕事以外は関心も興味ももちろんない。そんな若者がいっぱいあふれていた。巷は、そんな奴らでいっぱいだった。

競争。

それが、彼らに与えられた課題だ。生まれる前から、もう競争が待っていた。とにかく座る椅子がないのだから仕方がない。普通ではだめなのだ。普通でいいのに、どうしてそこで振り落とされなければいけないのか。なんでもできるのに、どうしてだ。

理不尽だ。

それが私の本心だった。どうして、差別していくのだ。ブルーカラーとホワイトカラー。エリートと常人(イツマデモヒラシャイン)。

なぜだ。

有り余っているからだろうか。つまり要らない人間だったのか。そんな疑問がいつも少年少女たちの子供心をふさいでいた。もっとおおらかにわかりませんとか、これはなぜなんですかとか、いろんなことを子供のときに考えて発表してきたかったのに・・・。

やりたいことはいっぱいあった。

この世の中にあること、すべてが興味の的になる。好奇心が普通にあればだれでもそう想うだろう。趣味の世界とは、限りなく、私たちの好奇心をくすぐるものに違いない。

次にでてくる趣味とはどんなことだろうか。メタボリックシンドローム克服なんていうのがいま老若男女にはやっているが、これも趣味かいな。

でも有名女優のダイエット自慢なんていうのは、つまらない限りだ。だって仕事の一部でしかないだろう。普通の見えないところで当たり前にやるのが、趣味ではないか。

ところで私の趣味はなんだったっけ。まだまだ無趣味のようだ・・・。

« 好景気を想う | トップページ | 社会の仕組みを考えること »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やりたいこと:

« 好景気を想う | トップページ | 社会の仕組みを考えること »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ