最近のトラックバック

« バカにすんなよというイメージ | トップページ | あのひとは・・・という個人攻撃のみっともなさ »

むずかしくてもよういなこと・・・

子供を育てる。それは、子供のころには思いもしなかったことだ。でも、いつの間にか大人になり子供の親になっている。

それは、いつの間にかなんて言えるのがとても幸せなことなんだと思う。いろいろな人生がある。子どもの嫌いなひともいるだろうし、かわいくてしょうがないという人もいるだろう。あまり頓着しないひともいるだろう。

子育てとは、難しいものだ。そして、育児とはとても容易なことでもある。とにかく子供はそれなりに成長する。そして、それぞれがのほほんとしていたり、しんけいしつだったり、いやに論理的だったりするのだ。

そして、親にできることはなんだろうかと考えてしまう。なにもないのではないのか。子育ては難しいものと想うぐらいのことではないのか。おやにできることは、あまりないようだ。すこやかにそだっても、もし途中でぶれてしまってもどっちでも、あまり関係ないのだ。

ひととして、目覚めたときに、なにを想うのか、想ったのか。そこから、あとは一人のひととして生きていくことしかないのだ。外から押し付けられたものは、どこかで合わなくなる。一生同じ考え方の着物を着続けることはできない。すぐに自分の着物に変えたいと思ってもできないなら、そこでまた立ち止まるだろう。

おのれの頭で考えたことは、どんな幼稚なことに見えてもそれは、人生の指標になると私は考えている。

むずかしくて、そして、容易なことは、子育てであり、それを見守ることでもあるようだ。

« バカにすんなよというイメージ | トップページ | あのひとは・・・という個人攻撃のみっともなさ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: むずかしくてもよういなこと・・・:

« バカにすんなよというイメージ | トップページ | あのひとは・・・という個人攻撃のみっともなさ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ