最近のトラックバック

« 政治家のブランド嗜好 | トップページ | しっかり休養するのが一番だと思う »

政権交代ゲーム

そんなタイトルのゲームがあっただろうか。あまり迫力がないのでたぶんあっても売れなかっただろう。すくなくとも私は、今、そういうものを知らない。

政権交代が起きた。大幅な逆転結果のようだ。どこにでも党首がでていくという姿は印象的だ。社民党の福島党首は、他の党が幹部クラスでもいつも出席して熱弁をふるっていた。そんな懸命さは私にはとてもいい政治家だという印象を与えた。

でもそれだけ人材がいないということかもしれない・・・。まあ信念をもってぶつかっているのだから、いいではないか。

ゲームは、これからどう展開するのか。

保守連立は、大打撃を受けてしまった。でも、個人レベルでの病気ではないのだから、すぐに死亡して消滅ということはない。それは、己ではできない評価を受けたということだ。自分では絶対にそんな点数をつけたりしないというぎりぎりの線でもやはり、国民の目というこの社会の制度での判定は厳しいものだ。

地に足をつけてしっかりと地盤を強固にしていたのは都区内では、田中真紀子氏の家庭教師だったという先生でしかなかったようだ。やはり、生き方がちがう。ぶれていない。だから、だれもマスコミに出ようとしないときに、堂々と出てこれるのだ。もちろん清廉潔白というイメージと中身もちがわないと疑う余地もないと私は見ている。

政権交代ゲームでも、やはり、与野党関係なく、目標とすべき政治家だと私は感じた。そんな政治家がやはり、日本にはいるのだ。選挙民の信頼を得ているということだろう。この政治家は平沢勝栄氏だ。日本には、いろんなタイプの政治家がいるけれども、信頼感があふれる嘘をつかないという雰囲気を何も言わなくとも醸し出している政治家は少ない。彼一人かもしれない。与野党だれも、誹謗中傷しない政治家ではないだろうか。

この政権交代ゲームは日本国が存在するかぎり、ずっと続くものであり、いかに現実的で具体的な政治家像というものを私たちが提示していけるかが、その要になっていると私は考えている。

二大政党政治システムをしっかりと構築してゆるぎないものにしていくには、そういう国民の目でみた政治家像を公にして浸透させていくことだと思うのだ。

« 政治家のブランド嗜好 | トップページ | しっかり休養するのが一番だと思う »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政権交代ゲーム:

« 政治家のブランド嗜好 | トップページ | しっかり休養するのが一番だと思う »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ