最近のトラックバック

« 生死の境目を想う | トップページ | うちのカレー »

転がり落ちるさまをどうみる・・・

あの超有名なタイガーウッズが、この数日で世界一の山頂から、転がり落ちるさまをみるのは、とてもつらい気がする。

日本には濡れ衣ということがある。無理やり、そうさせられてしまうことだ。それは、闇に葬り去られる。真相は日の目を見ない・・・。

スキャンダル騒動というのが原因だという。でもニュースで流れる情報だけでしかない。それが一瞬の間に世界に広がるというのだ。

だれも自分の目で耳で真相を確認するなんてことはしない。できないのだ。でも、この社会はあたかもその事実を己で見たような感覚にさせる。

男はみんな狼というのではない・・・。男女関係はどこでもある・・・。それがスキャンダルになるかどうかの境界ってあるのだろうか・・・。

社会に生きていることの代償だろうか・・・。一人で大自然の中で生活しているなら、そんな基準はなさそうだ・・・。でも、生きていけない・・・。

人恋しくなり、世間に出てくると、問題になるだろう。いろいろな決まりがある。ルールだ。生きるためのルールがある。他人に迷惑をかけたら償うことが必要だ。他者をあやめたら、おのれの命で償うことを求められるのだ。

エベレストの山頂という例えは、そこからもし転がり落ちたら、それが現実だったら、間違いなく死にいたるというものだ。でも、私たちのこころの中での問題では、その身体にそんなダメージを与えることではないのだ。

だから、こころの死に至るようなダメージは、身体にその償いを強いることも起こるのだ。そんなことは、もう考えたくない・・・。でも、それが心身の普通のバランスなのだ。

だから、スキャンダルはそれはそれでいいではないか。

強いタイガーになって戻ることが、それまでどんなことがあろうとも、世界のタイガーファンの真の気持だと私は想う。剛くんとの比較はできないだろうが、マスコミの責任は大きいと思う。たたくだけたたいていいものだろうか。茶化されて、こころもからだもボロボロになったら、そこにめったに現れない逸材が消えていくことになるのだ・・・。

転んだら、立ち直ることだ。七転び八起きというではないか・・・・。それは本人しかできないことであり、本人ならできるのだ・・・。

« 生死の境目を想う | トップページ | うちのカレー »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転がり落ちるさまをどうみる・・・:

« 生死の境目を想う | トップページ | うちのカレー »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ