最近のトラックバック

« あいても同じ・・・ | トップページ | シミュレーションとリスク予想管理 »

誉れ高く生きる

スポーツの栄光はそこに名誉があるからだ。そこに誉れ高き思想があるからだ。

栄光を求めて努力する。

しかし、そういうものの価値はなかなかわからないものだ。

関取、この二文字はどういう意味を持つか。

周りが商品価値だけで論じていいものだろうか。

生まれたときから、子供時代から、潔癖であって死ぬまでそうありたいと願うものの、ひとの一生はそうはいかないだろう。

誉れ高く生きるのはとても難しい。

相撲、ワールドカップ、プロ野球、大リーグ、いろいろある。そこにあるのは才能を十二分に生かすという仕組みだ。

« あいても同じ・・・ | トップページ | シミュレーションとリスク予想管理 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誉れ高く生きる:

« あいても同じ・・・ | トップページ | シミュレーションとリスク予想管理 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ