最近のトラックバック

« 目指すものがある・・・ | トップページ | だれのせいでもないさ »

元国土交通省副大臣の離党

かの有名な女性政治家が離党するという。

方向の違いだという。

政権に参加する。そこで政策実施にかかわることが初めてできるということなのだろうか。

今の日本では野党というのは、単なる反対勢力でしかない。

だから、何もできない。何もしない。選挙のためだけに時間を費やす。

それが野党だったのだ。

政権奪回という目標は夢のまた夢であったはずだ。未来永劫、来ることのないスローガンを何度繰り返してきたのだろうか。

もっとやはり現実をみまわして、この社会にひつような施策をどんどんやっていくことが大事ではないのか。財政改革、経済成長戦略の骨格を創ること、もっと国民の力をつけること、いろいろある。

だめなこと、だめなものは全体としてカバーすることが大事だ。

たまたまそういう生まれ方もある。ハンディは社会のたからものだ。そういう基本を忘れてはいけないだろう。ちょっと目立つといじめられる。私的な関係で追及される。お妾さんなんて昔は大勢いたし、それが男の甲斐性だと言われていた。

今なんということだろうか。方針がないままに動きまわっているようだ。つじつまの合うはずのないことに合意して政権に入るなんて愚の骨頂でしかない。

こうしたいというなら、辻元議員はその昔、飛ぶ鳥を落とす勢いのあった鈴木宗雄議員に向かって「悪の総合商社」と言い放ったがために痛い思いをしたのだとだれもが疑わないのだから、そうすべきだ。また、褒め殺しかもしれないが、マスコミであなたが女性の首相になる一番の候補だとも言われていた。

混迷するというよりも、何か整合性のない芝居をみているようで、なんかシナリオがその時々で書き換えられているという感じがする。

どうするのだろうか。関心はある・・・。白鳳が賜杯を手にできなかった悔しさと何か似ていないか・・・。ちょっと違うようだ・・・。

« 目指すものがある・・・ | トップページ | だれのせいでもないさ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元国土交通省副大臣の離党:

« 目指すものがある・・・ | トップページ | だれのせいでもないさ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ