最近のトラックバック

« なぜ、事故がおきるのか | トップページ | 重力を制御すること・・・ »

高校野球の勝負どころ

なにかある・・・。

いくら得点が上回っていてもだ。

最後までわからないというのではなく、なんとなく勝てそうにない・・・。

こんなきもちがわかるか。

こんな弱弱しい気持ちを持つ身になってみろ。

やはり負けてしまう。

だって、勝っている状況だと落ち着かないのだ。今度は勝てるかもしれない・・・かも・・・かも・・・なのだ。そこでもう気持ちが上ずっている。勝負に対する不安だけで期待をちっとも感じられないから、・・・。やはり、また負けた。

そうなる。

わかっているのだ。

でも勝ちたい。

でも、ドキドキしてだめになる。不安が先にくる。負けろとかいうのではなく、勝つかもしれないという気持ちがまずだめなのだ。

それでも、そこにこだわらないとだめなのだ。技術のうまさに逃げてはいけない。

勝負について、当然勝つ以外に考えないのだ。当たり前なのだ。

だって技術が違うのだ。だから勝つ。

そんなシンプルでいいのか。そうなんだ。どうってことないじゃないか。そんなものだ。

相手に負けるのではない。おのれらに負けるのだ。だから、自分に勝つことが勝負に勝つことだ。相手をけなしても、それはまったく話にならないのはわかるだろう。いくらでも相手はいるのだから・・・、わかるだろう。

そして、じぶんらはどうだ。おれらだけだろう。だから、無数の相手らに勝つにはおのれに勝つことなのだ。

自分を信じていくことだ。

高校野球で最後まで得点が上回っていたところが、逆転された。

そんなことを私は考えてみていた。

« なぜ、事故がおきるのか | トップページ | 重力を制御すること・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球の勝負どころ:

« なぜ、事故がおきるのか | トップページ | 重力を制御すること・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ