最近のトラックバック

« ベースボールの国のイチロー選手 | トップページ | 大国を育てるときは、複数とせよ »

漁船船長釈放に疑問多数・・・

日本の海保は、釈然としないだろう。

この国の法律に従って粛々と対応する。そういう方針ではなかったのか。

でも、そういう粛々という固いだけの判断では、武力が足りない。ここが弱点だ。

報復ができないままでは、なんとも下手にでるしかない。いわゆる大人の対応しかない。

すでに何度もやっているパターンだ。北で散々バカにされた手だ。

でも、それでいいのか。

中国は領土問題では決して譲歩しないときた。

固有の領土だ。どこの国にもある。どこの国とももめている。だから、そうしないと収まらないのだ。

とる分だけとれば、あとは消滅させる。そんな協力関係ばかりを望んでいる。新幹線しかりだ。そういう契約内容ではしょうがないというのか。いや、本当の技術力というのはそんなものではない。

漁船船長とは名ばかり、本当は軍人なのだ。または、スパイなのだ。中国は一党独裁の国だ。なんでも国が関与しているのだ。だれが民間人で外国のコーストガードにぶつかっていくだろうか。そこで、射殺されても仕方のないところだ。

それは、やはり仕組まれたものでしかない。

大洋州への進出の侵入の侵略の一歩なのだろう。そういう政策なのだ。

あまりにも無謀な中国政府の戦術ではないか。思慮分別のあるところを見せてはいけないという故事があったか。そんなものは謀略の初歩だと叱られそうだ。

信用するとか、そこで屈服するということ自体がチャンチャラおかしいのだろう。

« ベースボールの国のイチロー選手 | トップページ | 大国を育てるときは、複数とせよ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漁船船長釈放に疑問多数・・・:

« ベースボールの国のイチロー選手 | トップページ | 大国を育てるときは、複数とせよ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ