最近のトラックバック

« こどものこころ | トップページ | 生還のとき・・・ »

国家斉唱について

どこかの何かに所属している。

それだけで人間はある種の安心感を得る。

毎日、することもなく過ごす日々は苦痛に違いない。

でも、何もできない。

スポーツをして生活できればいいなぁと私は子供心に想ったことがある。

スポーツは遊びという感覚だ。

でも、今は違う。プロの仕事なのだ。

そこで詠う国歌は、だから誇りを表わしているように感じる。

ほとばしる自信が、その国歌斉唱からあふれ出してくるのだ。

スポーツと国家、ひとと国家、それは所属するものを改めて意識させてくれるものだ。

« こどものこころ | トップページ | 生還のとき・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国家斉唱について:

« こどものこころ | トップページ | 生還のとき・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ