最近のトラックバック

« ザックジャパン | トップページ | 米国は中国人のポスドクで持っているらしい・・・ »

オヤジのように・・・

ご本人が言ったのか、どうか。私は知らない。

報道によると、ため息をついて「俺もオヤジのように、離党した方がいいのかな・・・」と漏らしたというのだ。

どういうことだ。

よくわからない。オヤジって誰だ。

そう想うと、40年ぐらい前の日本は、お金と政治が席巻していた時代だ。

金があり、権力があれば、なんでもできる。そういう思惑があったころだ。

だから、大人はすべてに妥協する精神がないとおのれの主張を貫くことはできない時代だった。おこぼれをもらうとでもいうのだろうか。媚びるということを、悪びれずにできるかどうか、弱いものをさもかばうようにバカにしていけるかどうか。そんなことを私は想う。

そんな時代に40代で幹事長になり、保守の金脈をいいように牛耳ってきた人材がいた。そのひとは、あまりの権力の歯がゆさに、その保守を飛び出し、野党側に回ってようやく自分の時代へと導いたのだ。その力は、隣国の主席に大議員団を一人一人握手させるほどの力なのだ。

でも、そういう態度は本当に時代錯誤だ。私はそのとき、何か大きな違和感を感じたのだ。どうして中国という雰囲気で、米国もそういう訪問団が欲しいというような雲行きがあり、もう駄目だ・・・と私は感じた。

その後急転して、米国への大議員訪問は叶わなかったが、どうもおかしいのだ。なんとく自主性のない行動ではないか。

日本人には潔さが必要だ。

自分のやりたいことを、他者に依存してはだめだ。どんなに偉い人物でも社会を想うように動かすことはしない方がいい。求められるところで力を発揮する。そしてヒトとしての責務を普通に全うすることだ。

普通ってなんだ。偉いひとばかりのところでは、エライことが普通なのだろうし、長屋の住民には貧困が普通なのだ。でも、そこには笑顔と笑い声が絶えないところだろう。

どっちを選ぶ。数十年後のノーベル賞を頭に描くことだって、そこに実績がなければもらえはしないのだ。そこで候補者というレベルにおのれの心身の能力を高めて成果をだすという過程が不可欠だ。

どうする。

オヤジのようにするのか・・・。それとも、独自のおのれの普通さを探求して大衆の共感を得るのか。どっちだ。

オヤジのようにと言えるのは、まさにその子供だけではないのか。

田中角栄という政治家がいた。新潟の土地に政治力を使って大きく貢献した人だ。

小沢一郎という政治家がいる。岩手の土地に貢献した政治家だが、日本の政治に貢献できるのか、はなはだ疑問だ。

お世話になったら、お礼をする。これが、常識的な社会の通則だ。

でも、政界では違うのだ。少しおかしいのではないか。そこに個々の国民の気持ちがまったくない。どうやってお礼をしたらいいのか。心だけでいいのか。でも、やはり目に見える形でお礼をしたい・・・。

そういう、ひとの心を何か政治の世界は、むやみにいじりまわしているようだ。お金がなければ政治活動はできない。だから、支援者がいる。支援者は悩みを抱えており、多くの問題を持っているのだ。そこで、どうする。どうしたらいい・・・。

だれかが、社会の仕組みの中でその方向性を創っていく必要があるのだ。それが政治家だ。オヤジは政治家だったのか、そこにひとつの疑念をもって、これからの世の中を観ていく必要があろうか・・・。

« ザックジャパン | トップページ | 米国は中国人のポスドクで持っているらしい・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オヤジのように・・・:

« ザックジャパン | トップページ | 米国は中国人のポスドクで持っているらしい・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ