最近のトラックバック

« また寝てしまったアジア杯韓国戦 | トップページ | エジプトでのデモ »

管内閣の内輪もめ

連日、マスコミが管内閣の内部での騒音を電波に乗せている。

どうも与謝野氏の大臣就任が波紋を呼んでいるようだ。

平成の開国という管首相。

明治政府の経緯を意味しているのか。

多くの既得権者がいたのに、改革できたのはなぜか。

保守的な力がもう限界であったからだろう。実は内部から崩壊していたのだろう。寿命がきたという感じだろうか。

今、平成はどうなのだろうか。

古い層に属するひとは、この社会の厄介者だろうか。

それとも、まだまだ役立つのか。

平成の開国というには、やはり社会システムを健全にしていく必要がある。そのためには国家財政が極めて重要だ。どんな予算編成を行うか、お手並み拝見したこの一年だった。

どうだったのか。民主党でいいのか。

このまま年金制度を続けていけるのか。

それともぶち壊すのか。一度大きな力で問答無用に壊滅させることが、歴史では繰り返してきている。

価値がなくなる。システムとはそういうものだ。

それがなくては改革はできない。

あまりにも八方美人では、待つものはシステムの崩壊だ。

でも、だれが壊すのか。

若い人しかいないだろう。

でも持続的な発展がなくては、なんにもならない。

内輪もめしかできない世代では、なんとも仕方がない。内輪もめとは人事がかかわることが多い。日本は途上国になっているようだ。GDP3位は一人当たりでは19位ぐらいだそうだ。せめて5位ぐらいかと私は思っていたのだが・・・。

いつまでも内輪もめでは、政治は動かない。動かないと、人心は離れる。これはもうはっきりしていることだ。

« また寝てしまったアジア杯韓国戦 | トップページ | エジプトでのデモ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 管内閣の内輪もめ:

« また寝てしまったアジア杯韓国戦 | トップページ | エジプトでのデモ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ