最近のトラックバック

« こころの組成と構造について | トップページ | 偽善者・・・ »

時には負けること・・・

何の不思議もない。

だれだって、どんな名門のプロサッカーチームだって全戦全勝ではない。

また、それでは面白くないのだ。

よほどちからの差がないとまったく負けないなんてできないのだ。

ヒューマンエラーとは、機械だけの話ではない。

システムもあるし、まして生身の身体には負けることが大事なのだ。

いつ勝つか。それを知ることが大切なのだ。

サムライはいつ死ぬかを命題にしていた。死に場所を求めていきる。

つまり負けることは勝つことを一生の命題にしている者たちの宝物だ。

アジア大会での勝負で、そうこだわるのは勝敗ではないのだ。

リラックスして臨むことだ。

タイガーマスクの伊達さんもそう想っているに違いない。

それこそ、子供たちにいろいろな環境に置かれている未来のプロに夢を与えるのはただ勝つことではない。いつ、勝つかなのだ・・・。

« こころの組成と構造について | トップページ | 偽善者・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時には負けること・・・:

« こころの組成と構造について | トップページ | 偽善者・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ