最近のトラックバック

« 守秘のルール | トップページ | 悲壮な覚悟で臨む通常国会 »

凝り性

あんなに懸命にやっていたゲーム。

そして、パチンコ。

昔のことだ。

もくもくの煙の中で、みんな真剣にパチンコの玉を追った。

なかなか入らない。でも入ると続くというイメージがある。

あと少し、もう少し、もうちょっと・・・。

学生の身では金がもったいないし、到底続かない。どこでやめるか決めないといけない。たまに兄貴が入ってきて運よく玉をもらったりすると、それはとてもうれしいものだった。

これも余裕がないとだめだ。そう悟った。

百円玉で、パチンコで、ふところはすっからかん・・・。

出ていくばかりのこと・・・。バイトをしたりする。でも、ゲームで費やすにはもったいない。そう想った。では、どっから遊ぶお金がでてくるというのだ。いや、遊ぶことができないのが、当時の俺だった。生きているとか、学校へ行かせてもらっているということが、すごく贅沢の極みだったのだ。

だから、感謝する。それ以上の不満はない。いや言えないし、そんなことで不満なんて言えないし・・・。

凝り性であったから、夢中になると・・・、ついそうなる。凝り性だから、いやになるまでやる。反省するものの、いつもそこでまたつかまってしまう。誘惑に凝り性の気持ちが捕まるのだ。

凝り性はそのままだが、今は興味がない。だから、そういう気持ちにならない。不思議なものだ。興味がないのだ。

それでは、凝り性でも関係なくなる。

ゲームをやるには、これ面白いって想う気持ちがないと、いくら凝り性でも続けることはできないし、しないものだ。

« 守秘のルール | トップページ | 悲壮な覚悟で臨む通常国会 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 凝り性:

« 守秘のルール | トップページ | 悲壮な覚悟で臨む通常国会 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ