最近のトラックバック

« カタールの強さは本物か・・・ | トップページ | 日本も空母をもっていたと中国はいう・・・ »

カンフル改造の管内閣

仙石官房長官の場合は、なにか栄転のような感じだ。

本来、野党の問責決議でかなりのダメージを与えたつもりだったのだろうが、どうも民主本体はなんとも思っていなかったらしい。

参院議長の過去にない発言から、その影響の大きさを認識した感がある。

カンフル内閣は、どんな改造を行うのか。

次期総理の担い手がすんなりとその座を手にするには、ここ一番のテコ入れと余裕が大切のようだ。

米国に評価の高い前原外相、岡田幹事長、まさか仙石総理という話はないだろうが、まだ小沢総理の芽はあるのか。いやはや・・・カンフルもあまり利きそうにない布陣ではないか。

自民党はこの際、大連合というのをやってはどうか。

その中で日本をリードすることでもいいのではないか。

どうせ党内でこじれているのだから、国民生活を第一に考えるとしたら、まずは政治の安定と議論の乱戦を両方とも抱えていけるのは、この連立しかないのではないか。

その中で、次期総理候補が選出されるなら、それは本物と言えるのではないだろうか。

あまり考えない手法が実は現状認識が高いともいえる・・・し、カンフルとしては大きなインアパクトを与えるのだ。

« カタールの強さは本物か・・・ | トップページ | 日本も空母をもっていたと中国はいう・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンフル改造の管内閣:

« カタールの強さは本物か・・・ | トップページ | 日本も空母をもっていたと中国はいう・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ