最近のトラックバック

« おにあーそぼ | トップページ | 企てどおりには進まない・・・ »

民活

官民。

民間と公共。

いずれにしても国民の生活が大事だということでは、民も官もない。

民なくして官はありえない。

官を形成する官僚は民の一部だし、民を形成する大多数は民間の企業、組織に属するのだ。

民間の活力をどう発揮させるか。

途上国にも一村一品という運動がある。そして、成功し村の生活向上に貢献している例が多くある。

そこには他の村との競い合いもある。ほんの仔細な差が大きな成果のちがいになって現れることがある。

それは、仲介する役割、コーディネーターとでもいおうか、アドバイザーとも言えるし、コンサルタントともいう。

そんな存在が極めて重要になる。なぜならばそこに客観性が入ることで、ものごとは大きく公益というものを意識することができるのだ。

私利私欲ではない。60数年も公の務めを果たしてもううんざりだと、独裁者がほざいてもそれは通用しない。国家でも会社組織でもなにか同じようなことがある。

官と民の関係も同じようだ。官は賢いひとが多い。民は多少劣るひとがいっぱいいる。だから、ランドマークのような存在の官僚出身者のオーラがほしい・・・なんていうことが、この日本では常識になっている。

民活。

ではどうする。

官は退職すれば、民になるものと想っていたが、実は違うらしい。そこには、計り知れない何か隠されたものがあるのだというではないか。

それは、一朝一夕でどうのこうのとなるものではない。

昔から侍の時代から、庶民と武士階級の間にあるながい歴史の産物のようだ。

今、すべてが変化しつつある中、新たな英知というものを、この「民活」といいう言葉にも盛り込んでいかなければならない。21世紀のこれからの数世紀の運命を握るはずだ。

そこに自信がなければ、日本という二文字を背負った国民としての自信が大切なのだ。

« おにあーそぼ | トップページ | 企てどおりには進まない・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民活:

« おにあーそぼ | トップページ | 企てどおりには進まない・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ