最近のトラックバック

« ときに風邪をひいて塞ぎこむ・・・ | トップページ | ガチガチのイスラム勢力とは・・・ »

芸術とスポーツ

両刀使いとか、文武両道など。

そんな大人になりたいとみんな想ったことだろう。

だれしもそう想うのだ。

頭がよくて運動神経が抜群で、そして異性にもてる。そんな子供たち、大人たちがいるのだ。現実にいるのだ。

でも、大人になるにつれて、その価値感に変化が生じる。だから、いろいろな見方があり、それがそれぞれの好みになるらしい。

ナベブタにトジブタ。

ブタの種類ではない。なべとふたの相性のことなのだ。

芸術とスポーツ選手。お笑いと芸術。

でも、みんな生まれつき芸術家といえばそうだろう。

画家であり、小説家であり、詩人である。

小林一茶であり、松尾芭蕉であり、ピカソであり、そしてゴッホである。

一芸に秀でているひとというよりも、ひとつの目標を達成した暁には、違う才能に挑戦してみることだ。そういう意味では、芸能界でも、政界でも、実業界でも、一般サラリーマン労働者でも、自営業者でも八百屋のオヤジでも肉やのおかみさんでも同じだ。

自分のやりたいことを実現したら、もうひとつの芸術の分野に足を運びいれてみてはどうだろうか。

あいにく私には芸術の才能はないので、踏み入れてはいない。

ボクサーの個展があるというニュースがあった。それもチャンピオンだったひとだ。

スポーツマンは芸術の才能があるという証だろうか。

ほかの職業との関係はどうだろうか。

あまり関係ないことか・・・。

ひととしての才能や機能の中のひとつとして芸術的な分野があるということでいいのだろうか。

うらやましい・・・。

まず、ボクサーでチャンピオンを目指さないと、芸術はその次だ・・・と考えているひとは何人いるだろうか・・・。

« ときに風邪をひいて塞ぎこむ・・・ | トップページ | ガチガチのイスラム勢力とは・・・ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸術とスポーツ:

« ときに風邪をひいて塞ぎこむ・・・ | トップページ | ガチガチのイスラム勢力とは・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ