最近のトラックバック

« やりたいことまだまだ・・・ | トップページ | 小さなことから要求しよう »

はやりのもの・・・

これが怖い。

ファッションのような流行が、いろいろな分野で取り上げられている。そして、現実にその結果に影響を与えている。

問題は、それがある意思決定のもとに行われているのではないことだ。

こうあるべきではないか・・・という私的な考えになるほど・・・と同意したつぶやきが、巷になんのてらいも検証もなく放り出されるのだ。

この指とまれではなく、そのつぶやきにどれだけ反応するかで何かが決まる。情報はとても怖いものだ。もし誤った情報で不利をこうむったら、損害を請求できるだろうか。

いや、その次元ではないことが多いのだ。

はやりすたりがあるのは、その盛んなときの勢いがとても大きいということだ。なんでもある流れに乗ってしまうと、それは独り歩きするのだ。中身が陳腐化するのは目に見えている。

そして、みんな一般大衆はすぐに忘れることになるはずなのだ。でも、それがあるレベルを超えるといろいろな裏付けが示されたりして、ある意図に乗せられていくのだ。

政治の世界は、なにかそういう気がする。いくら、叫んでも泣きわめいてもそれは関係ない。いいようにあしらわれて、そこでジエンドになる。

悪いやつらが何かを企んでいる。でも、それがなんとなく主流になれば、それはそれで命拾いをするかもしれない。

どうも言葉尻を捕まえては、一貫性がないと咎める。それだけで、大臣はすぐ辞任に追い込まれる。トラップのようなものだ。今期は何人の大臣を罠にかけたかなんていう会話があるかどうか・・・知らぬが、あまり目立つと鉄砲で撃たれるというリスクを背負っているのは同じだ。

どの程度で納めるか、バランス感覚が一番大事だ。喧嘩は両成敗なのだ。とばっちりとして必ず跳ね返ってくるから、気をつける必要がある。

総理の人気はないことが、ここ数代の相場になっている。それがはやりもののせいかもしれない。そう急激に人気が高まったら、またそれはそれで怖い話だ。

« やりたいことまだまだ・・・ | トップページ | 小さなことから要求しよう »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はやりのもの・・・:

« やりたいことまだまだ・・・ | トップページ | 小さなことから要求しよう »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ