最近のトラックバック

« 朝の番組はみななでしこジャパン | トップページ | 三枝が改名する・・・ »

ほっともっとの先見の明

ほっともっとのグループ会社の女子サッカークラブINACSに所属する選手6人が日本代表なのだという。

ほっともっとは、AKB48をCMに起用したり、なかなかのものだと感じていたら、すごいクラブチームをもってもいたのだ。

なるほど・・・、先見の明って、きっとこういうことをいうんだろうな・・・、と想った。

たしかに、女子サッカーはプロとはいってもほとんどはセミプロであり、企業内クラブでの参加なので、正社員で所属チームがある選手以外は、アルバイトで生計を立てているのだという。

好きなことができるという意味が、そこからほとばしるように伝わってくるのだ。そんな活躍の気配は、NHKのピタゴラスイッチというみんなの歌にも出演していることから、うかがわれる。

ワールドカップ優勝で、三浦カズ選手はひとこと「うらやましい・・・」と言っていた。中田ヒデ元日本代表も、やっぱり「すごい・・・」と、その快挙をたたえていたのだ。

どんなことをやり遂げたのか、日が経つにつれて大きくなってくるに違いない。これが、日本女子サッカーの初期の到達目標であり、そして世界の女子サッカーの面白さをこれからどんどん高めていき、さらなる活躍をしてもらいたい。

ほっともっとという企業にも、さわやかなイメージがあると感じられる・・・。きっと、いい会社に違いないと推察する・・・。

がんばろう東日本、がんばろうなでしこジャパン。

« 朝の番組はみななでしこジャパン | トップページ | 三枝が改名する・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほっともっとの先見の明:

« 朝の番組はみななでしこジャパン | トップページ | 三枝が改名する・・・ »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ