最近のトラックバック

« 破壊から生まれる新たな創造・・・ | トップページ | あっちもこっちもしんすけさん »

柔道世界選手権の好成績

柔道の好成績はどんなことが導き出したのか。

意外と、なでしこジャパンの活躍ではないのか。

ほんのちょっとした意気込みが空振りに終わることもあり、少しの負けじ魂が勝負に対しての執念を生みだすこともある。

勝たねばうれしくないとは思わない。

力不足はそういうメンタルだけでは片づけられないのだ。

相手の調子が悪くて勝ちが舞い込んでくることもあるのだが、自分のちからだけで勝ち取ることは夢だ。でも、次々に強いやつはでてくるから、それはほんの一瞬のことなのかもしれない。

好成績がでるとは思っていなかった団長は、危惧していたようだ。そんな真摯な感情が選手たちを発奮させて実力を出させたということが真相ではないのか。

もともとあったものを、あるものをだせるかどうかということのようだ。実力とはなかなか出せないものといえばいいのか。

柔道の好成績はなんといってもお家芸なので、とてもうれしいのだ。

ひとりの日本人として、とてもうれしい・・・。

« 破壊から生まれる新たな創造・・・ | トップページ | あっちもこっちもしんすけさん »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 柔道世界選手権の好成績:

« 破壊から生まれる新たな創造・・・ | トップページ | あっちもこっちもしんすけさん »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ