最近のトラックバック

« こころとからだのバランス | トップページ | 松井選手100安打だ・・・ »

スポンサーに気を使う・・・

スポーツ選手とスポンサーの関係はどうなのだろうか。

マスコミ報道でコマーシャルをもつスポンサーは絶対的だともいう。番組での放送局独自の判断による報道内容や発言でも、もしそこにスポンサーの業績に影響のあると判断される場合、自粛とか粛清なんてささやかれるのではないだろうか。

正社員はまあいいだろうというか、そういう恩恵を一番被っているわけだから・・・。

でも、芸能事務所でもちからのないところに所属していると、すぐに干されることはよく耳にすることだ。

まあ、一般の企業でもおなじようなことはある。

それで、スポーツ選手の場合、どうなんだろうか。シューズメーカーが勝手に割り込んできて、これ使え・・・とは言わないだろうが、居丈高に命令するのは、天才プレーヤーか逸材といわれるアスリートがでてきたときではないだろうか。

これから、絶対に伸びる・・・なんていう才能を見つけたら、ちょっと汚い言葉だが「つばをつける」という主旨でうごくのではないだろうか。

それを利用するか、どうかは個々のアスリートや指導者の判断次第なのだが、なかなか弱小団体では、そういうことを拒むことはないだろう・・・。でも、それでスポンサーに気を使うことになり、言動があまりに歪になり、本業での成果もでない・・・なんていうことは往々にしてあるのだ。

そんな時に、もっと「気を使う必要はない」と明言しておくことが重要ではないだろうか。もちろん陸上ならしゅーずのプロがいるし、それぞれ抜群の品質を誇る製品がもし提供されるなら、そこに大きな恩恵が生まれることは確かである。それは造るヒトとと使うヒトとのコラボレーションである。

だから、目的をなんというのだろうか、単なるセールスパンダにするとか、なるとかいうことではないんだよ・・・って、はっきりすべきである。

スポンサーに気を使う。これはお客様はどっちという視点でみると、判断を誤るのだ。だからコラボレーションという意識が大切になるのだ。

« こころとからだのバランス | トップページ | 松井選手100安打だ・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スポンサーに気を使う・・・:

« こころとからだのバランス | トップページ | 松井選手100安打だ・・・ »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ