最近のトラックバック

« 柔道世界選手権の好成績 | トップページ | 日本の格下げ »

あっちもこっちもしんすけさん

テレビ界はあっちもこっちも昨日から、島田しんすけ師匠の話ばかりだ。

残念という声が多い。なかなか公言できないような雰囲気がないでもなかったのかという気もする。人気稼業の芸能人がその世界で生き残るには、熾烈な戦いがある。

だから、芸能事務所の所属があるのだろう。

韓国の報道でも芸能人の育成と売り込みはかなり大変な投資のようだ。芸能市場の大きい日本での売り込みは、韓国内での人気よりも数段の利益につながる。

日本市場は世界でも大きいな存在である。

テレビ界は最近、あっちもこっちもしんすけさん、しんすけさん・・・という具合で、マンネリ化していたのではないか。

ほんとうに人気があるのか。吉本芸人の大物としての存在で仕切っていたのかはわからないが、稼ぎ頭の一人であったことに間違いはないだろう。

タレント仲間は師匠とよび、恩に着ているひとも大勢いるし、業界広く交友があり、なかなか真相をそのまま暴露するなんていうこともないようである。

蛇に睨まれた蛙・・・。

一罰百戒・・・。

曖昧模糊・・・。

やくざは親切、甘言が浸食の手口・・・。

悪に染める・・・。

仲間内は傷つけない・・・という神話もある。

かたぎには手をださない・・・。しのぎを削っていきている・・・。

いろんな意味で知り合い、親戚、友人、そしてそのまた知り合いにやくざと言われ暴力関係者と言われるひとたちは、おおぜいいるのではないだろうか。

ひととのつきあいというのは難しいものだと、あらためて想う。ひとの一生は、それでも自分の信念でいきるのがいいのだ。何を目指すかは、ひととしての責務を果たすことを忘れなければ、そんなに道を踏み外すことはない。

おのれを信じて死ぬまでいきることが、やはり人生そのものなのではないか。いろいろな人生があるが、おのれのものはひとつである・・・。また生まれてきたら・・・なんていうのはほんとはないのだが、もしできたら・・・、またべつの人生を新しくいきることだ。

そう考えるしかないし、そう考えることもできるのだ。いろいろだ・・・。

« 柔道世界選手権の好成績 | トップページ | 日本の格下げ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あっちもこっちもしんすけさん:

« 柔道世界選手権の好成績 | トップページ | 日本の格下げ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ