最近のトラックバック

« なでしこの観客動員数2万人・・・ | トップページ | 米国債務上限問題の合意と円高 »

ワールドカップ予選の組み分け

なんとCグループだ。

北朝鮮、シリア、ウズベキスタン、そして日本。

この組み合わせで日本は何か特別警戒しなければいけないことがあるのだという。

ピッチの外の問題だ。

相手国のアウェイでの試合が可能なのか。試合に参加途中で、障害があるのではないか。治安は大丈夫なのか。

だれが責任をとるのか。

そんなことがすぐに頭に浮かぶ。それだけ社会情勢が危ういエリアなのだ。第三国での試合ということが議論されるべきではないかと想うが、相手に失礼であろうか。

もっとも判断は主催者FIFAにあるのだろうが・・・。

どこのグループでもその結果を得るには大変なことはわかっているのだが、やはり治安がもっとも気にかかる。日本の宝なのだから・・・。

選手団の安全確保に全力を尽くすことがピッチの外での激務になるに違いない。選手には伸び伸びと心配することなく、プレーできる環境を提供していかなくてはならない。

ワールドカップの組み分けは、抽選だから仕方のないことではあるが、まあどんな場合でも有利という視点でむかっていくことだろう。

« なでしこの観客動員数2万人・・・ | トップページ | 米国債務上限問題の合意と円高 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップ予選の組み分け:

« なでしこの観客動員数2万人・・・ | トップページ | 米国債務上限問題の合意と円高 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ