最近のトラックバック

« 100m女子 | トップページ | メンテビジネスというもの・・・ »

韓国テグの世界陸上だ・・・

この二つのことばが昨日のまとめだと、わたしは思っている。

福島選手はいった「あー、やっぱりくやしいっ」。気持ちがわかる。予選での2位争いでも、この僅差が大舞台で勝利を掴む貴重な経験なのだと想った。

室伏選手がコメントした「ただただうれしい」。そうだろう。親子2代で極めた技術が実力者の最後の投擲での追い上げを7cmほどかわしたのだった。世界陸上での金メダルは初であり、他の競技を含めても4人目、いや5人目とのことらしい。

大舞台での記録は、普段の実力をだせば十二分に決勝進出を果たせるものだと思うと、そのちょっとの差が大きいと・・・。それは、とても過酷な世界である。無敵と言われるうサインボルト選手もフライングというルールの前に泣いた。

体格のことをいうと、日本人の言い訳となってしまうが、このごろの活躍は男女とも、そんなものではないことを示唆している。外国の選手も小柄な天才が多いではないか。いとも簡単に日本人は小柄だからという理由を言えないというよりも、実はその小柄なことがメリットになっていることを、かれらは証明してもいる。

だから、あきらめる必要はないのだ。

自分たちのやるべきことを、練習鍛錬などを通して継続した努力が報われるのは、いつかはわからないが、かならずありそうではないか。

室伏選手は、最年長の金メダリストだと、ハンマー投げはとても寿命の短い耐力を消耗する種目でもある。

世界の天才アスリートのどこかに入れたら、こんなにうれしいことはないだろう・・・と、目をつむって静かに天井をみてみることにした・・・。

この次にチャンスがあるなら、きっとおれもボルト選手の横でスタートをきるなんていう瞬間に立ち会っているかもしれない。

でも、それは地域の村民運動会でも難しかったことだ・・・。

世界の舞台なんて、想像もできない。

« 100m女子 | トップページ | メンテビジネスというもの・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国テグの世界陸上だ・・・:

« 100m女子 | トップページ | メンテビジネスというもの・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ