最近のトラックバック

« 教育が問われる・・・ | トップページ | ごねること・・・ »

鹿の角の特製漢方薬って・・・

鹿の角の特製漢方薬をサッカーナショナルチームの選手は愛飲しているらしい。

どうもかみなりに打たれて治療というのは、しょっちゅうらしい。

かみなりは最近、とても多いから、それは逃げることが義務付けられている。

ゴルフ競技は、かみなりが発生する状況になると、中断されるのは、米国の試合でみなさんがご存じのことである。

でも、ドーピングに引っ掛かるのはおかしい。

かみなりに打たれるというのも、なんとなく真実味が不足している。

疑心暗鬼になる。

北は強い。これは豪州に勝利していることから、信用していいのではないか。

軍隊式なんだそうだ。命令は絶対だそうだ。スポーツとは軍国主義のまがい物なのか。そうではない。

でも、なんとなくそういう規律では、創造性という分野での想像性、自由な発想とか、工夫なんていう単語が出てこないのではないか。

スポーツ選手が伸びるには、そして勝つには、そこに柔軟な考え方が必要なのではないだろうか。やっている選手たちも、勝てーーーと命令されても、やってられないだろう。

死ぬ気で頑張ればできるはず・・・、なんていうこともムカシからある。

でも、いつもいつもその結果として勝つばかりではない。いくら頑張っても負けることがあるし、いくら死ぬ気になっても勝てないのが普通だ。

そこには、レベルがある。才能の上に何か得体のしれないものがある。

ひらめきのようなものだろうか。

そんな輝きを今夕の、日本対北朝鮮のアジア最終予選でみたいものだ。

なでしこジャパンも北朝鮮の女子選手たちも、ともにいい試合をしてくれ・・・。そう視聴者はみんな想っている。

« 教育が問われる・・・ | トップページ | ごねること・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿の角の特製漢方薬って・・・:

« 教育が問われる・・・ | トップページ | ごねること・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ