最近のトラックバック

« ピグマリオン効果 | トップページ | 万人不同、終生不変 »

被災車両は宝

解体業者が暗躍しているという。

東日本大震災の被災地では、がれきとなった車両の山が数多くみられる。どう処理するのだろうかと心配していたのだ。

木材やヘドロのしみついたがれきは、もう使い道がないように思っていた。邪魔モノ以外の何物でもない・・・と、思っていた。

ところがこれら被災車両はほとんどクズ鉄としての価値しかないから、解体して部品として売ると利益がでるらしい。もちろん外国へ売るということなのだが・・・。

ところが外国人が商用でこういう解体業務に従事することはできないらしいので、国内の解体業者と提携して行うということなのだろう・・・が、外国人が逮捕されたという。

入管法違反ということのようだが、がれきとなった車両の処理が進むのであれば、とくに問題はないように商売につなげられるように思うのだが、どんな違反なのかちょっと注視していくことにしたい。

FTAやEPA、そしてTPPが話題となっているが、国際的な関係において、危険物とか知的財産にからむ資材はいろいろな制約がある。とくに一度使用したものはゴミという範疇になり、汚染物の国外への移動なんていうことにも関係するので、注意しなければいけない。

« ピグマリオン効果 | トップページ | 万人不同、終生不変 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被災車両は宝:

« ピグマリオン効果 | トップページ | 万人不同、終生不変 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ