最近のトラックバック

« 日本企業の未熟さを恥じる | トップページ | ピグマリオン効果 »

技術盗用の仕組みが独自技術だった・・・

そうなんだ。

盗むことで自分のものにするという国家戦略だったのだ。

ちょっと近隣国の先進メーカーを騙して、流用して自分の技術にしてしまえばいいのだ。

お上の仕事なんだから、なんでもできる。文句言ってきたら、もう相手にしないって恫喝すればそれで一件落着だ。

そんな雰囲気ではないか。

だれがそんなことを指示するのだろうか。国家プロジェクトなら、そこでもうやるしかないというのだろう。面倒な国際的な規則なんて知ったこっちゃない。

いずれ軍事大国で武力衝突するのだから、それまでどんどんとちからをつけていくのだ。それまでのことだ。もめても関係なくなるのだ。覇権を握るのはもうすぐだ。

この地球上の世界で、米国や欧州に変わって世界を牛耳るのは、この中国なのだと・・・いうことが地術盗用と大きく関係しているのだろう。

でも、国家の繁栄というのは、きりがないのではないか。

いつも武力衝突と軍事衝突で相手を脅かし、負かしていくことでは、そこになんら得られるものはないのではないか。

逆に疲弊するばかりではないのか。人心が乱れるのではないか。そんな人民では国家を支えきれないだろう。きっと、すぐに破滅する。

自暴自棄の時代がくるということか。

それにも世界は準備して対応していかなければならない。テロ組織のような活動になるのだろうか。繁栄のあとの破滅までのみちのりは、そこになんら誇りとなるものもなくなるということであろうから、そこになんら意味を見出してやることもできないだろう。

むなしいことだ。

技術盗用の仕組みが独自技術だったといっても、すごく古い謀略の類のものでしかない。それでは破滅するのが当たり前だ。歴史が教えているし、そこから学ぶこともなかったらしい。

« 日本企業の未熟さを恥じる | トップページ | ピグマリオン効果 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 技術盗用の仕組みが独自技術だった・・・:

« 日本企業の未熟さを恥じる | トップページ | ピグマリオン効果 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ