最近のトラックバック

« 菅野選手のこと・・・ | トップページ | 日米地位協定の前進 »

政界再編成とお金のこと

政界再編がなぜ、この年末を前にニュースになるのか。

それは、元日に在籍する党員議員の数で交付金が決まるからではないだろうか。

毎年、この時期には政界再編が細工される。

今年は、国民新党亀井総裁の音頭で、石原新太郎都知事をでっちあげる花火を上げてきたようだ。

まあ、中身は似たり寄ったりだ。

でも、この時期に小沢元民主党代表の解党した政党の資金のゆくえと使い道が問題だという。私物化しているのではないか・・・。といっても、支援議員への選挙資金であり、もち代なのだそうだ。

そんな不公平なことが許されるのだろうか。もとは税金だし・・・。

どうにも政界再編に絡む、ごちゃごちゃがあるようだ。知らぬ人は知らぬが、知っている人には常識ということだろうか。当たり前すぎて、そんなこと・・・っていうレベルだろうか。

年末を控えて、また東日本大震災の復興への足掛かりを阻止するようなパフォーマンスで何を意味するのかは、みんな国民には分かりすぎるほど・・・である。

いい加減に岩手を含む東北三県や茨城、千葉などの被災地への支援を本気で取りかからねばいけない時期だ。寄付金とか、心付けぐらいでは、復興はままならないのだ。ましてや、我が国周辺にはヒグマあり、アジア虎あり、毒を持つヘビもいるのだ。

どんと復興して、早急に備えることが大事だ。

内政がうやむやでは、同盟国アメリカにもあほ呼ばわりされるだけだ。現実路線で突っ走るときなのだ。議論はいいが、結論を出す論議でないと意味はない。

経済を再生して活性化して財政改革を行う。とともに、応分の負担を覚悟してその経済再生財政改革にまっしぐらに突き進むことだ。

それに見合う政界再編でなければ意味がない。裁判のカモフラージュのようなパフォーマンスをしていると素人にも見放されるのは目に見えている。

そんなことをする小沢さんではないのだろうと・・・、思うがどうにも信頼感は薄れてきている。日々、薄れる・・・。

« 菅野選手のこと・・・ | トップページ | 日米地位協定の前進 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政界再編成とお金のこと:

« 菅野選手のこと・・・ | トップページ | 日米地位協定の前進 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ