最近のトラックバック

« 日本経済の深刻な危機・・・ | トップページ | 政界再編成とお金のこと »

菅野選手のこと・・・

おせっかいだな、まったく。

でも、ちょっと考えてみてほしいのだ。

田中マー選手と斎藤選手のことだ。

一方は楽天へ高卒ルーキーとして入団した。他方は、早稲田で4年間の後、日ハムへ鳴り物入りで入団した。当初の人気はすごいものだった。

でも、ちょっと考えてみてほしい。

マー選手は、沢村賞とかGG賞とか日本プロ野球界のトップ投手になっている。あのダルビッシュと比肩する存在なのだ。

斎藤祐樹投手は今年一年間、日ハムで修行ということだが…、結果は残せなかった。ほんとうの実力というのは、うわべの人気がなくなってからというのがプロの真の評価になってでてくるのだろうが、どうだろうか・・・。

そこで、今日のテーマの菅野選手のことだが、どうなのだろうか・・・。プロへ指名されて入団することがいいのではないのだろうか。

今のプロスポーツ界は充実している。その若い時期の一年なんてなんともないといういい方もあるが、五十歩百歩といういい方もある。

プロに一位指名されることは、実に光栄なことではないか。

社会にでてプロとしてそのちからをつけていくことがいいと私は想う。

それは、おじさんとかおじいさんとかのことではないだろう。次元がちがうということ、関係あるなら、そういうちからを極力避けて生きるということがほんとうは大切ではないだろうか。

それは当事者の考え方次第であるが、ちからがあればあるほど、そこで望まれる方向へと臨機応変に構えて突き進むという心構えが、日本のファンは好きだ。

世の中、巨人や読売ジャイアンツという時代は、もうすぐ終わるだろう。

新聞社が球団を持つ意味は、今はもう薄い。モバゲーや楽天やSBを見てみようではないか。世の中情報産業が社会を牛耳っていたという事実を知れば、その主体となる媒体はもはや大新聞社ではないのだ。

その横暴ぶりは、敵でも味方でもないが、なんとも日本のマスコミの吹きだまりのように感じはしないか。

松井選手が大リーグへと去ってしまい、日本のプロ球界に帰ってくるような雰囲気を作り出すことがもっと大事ではないのか・・・。

だから、菅野投手は一刻も早くファンの真意がどこにあるのかを、自分の頭と目とこころで決める必要があるだろう。

何がなんでもジャイアンツっていうのは、江川さんがすでに政界の実力者と示し合わせてやったことではないか・・・。それより、自分で判断するという生きる力にファンは期待していることを、しっかりと認識してほしい。

それが、日本のプロ野球界をまた、復活再生することにつながると・・・・言える。

読売とか、巨人とかジャイアンツとかいう時代ではない。

« 日本経済の深刻な危機・・・ | トップページ | 政界再編成とお金のこと »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅野選手のこと・・・:

« 日本経済の深刻な危機・・・ | トップページ | 政界再編成とお金のこと »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ