最近のトラックバック

« 目をみて話す | トップページ | 裁判から16年 »

男子バレー世界大会

勝ち点1を獲得した。

ファイナルセットで負けると入る勝ち点だ。

でも、これでは努力との比較でいくと割りが合わないことにならないか。

下手すると、その勝ち方、負け方でどうにも順位が変化するのではないか。

客観的で公平で公正な判定になるのだろうか。

なぜ、こういう勝ち点制度をとるのか。

フルセットの試合を増やすことで、ファンの期待が増すということだろうか。

でも、どうにも勝たないと・・・。

みていられない。また、負けるのか?

そんな想いで試合を見ていると、選手に悪いようで、途中でチャンネルを移動してしまう。

気になって、また戻ったりするが、どうにもハラハラ・・・。また、マケルのかな?

そんな不安だけが、負けが混むとつのるものだ。

どっかで勝たないと・・・。勝ってくれ・・・。

これが本音だ。

« 目をみて話す | トップページ | 裁判から16年 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男子バレー世界大会:

« 目をみて話す | トップページ | 裁判から16年 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ