最近のトラックバック

« ペニンスラホテルのフカヒレ? | トップページ | 天空体験 »

千葉国際駅伝

ケニアの驚異的な選手の出現で日本代表チームは優勝を阻まれた。

総評として、男女混合だったので男子だけなら大負けであったかもしれない。それぞれの選手はベストを尽くしたものの、若いケニアの無名の選手のすごさを痛感させられた。

きっと、ケニア選手にとって登竜門としての位置づけにあるのではないか。

オリンピックや世界大会において、優秀な成績を残すに違いないだろうと期待できる選手をテレビや目のまえでみられるというのが、なんといってもいい。

日本選手は、男女ともに国内の一流選手で飛ぶ鳥を落とす勢いであったら、何年かにひとりという逸材ばかりであったことを付け加えておかなければならない。

ちからを出し切るという力走を久しぶりにみた。

国際大会の面白さが詰まっていた。

また、日本の長距離やマラソンでの中継技術がいい。そのコメンテーターというか解説者のメンツもまたいい・・・。

« ペニンスラホテルのフカヒレ? | トップページ | 天空体験 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千葉国際駅伝:

« ペニンスラホテルのフカヒレ? | トップページ | 天空体験 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ