最近のトラックバック

« ひとは時間を操れない | トップページ | 中国の差別外交 »

白鳳もひとの子

横綱が中日までに3敗したことで、その実力がどうのこうのと巷ではうるさくなっている。

勝続ければ、またそれで大相撲の覇気のなさを云々される。

どうにもこうにもならん・・・。

そう言っても、現実を客観的に眺めると、負けている関取の力がついているということ以外には見当たらないのだ。

とくになんと今まで一度も勝ったことのないという状況で力をつけて、勝つことができてきていることを、どう評価するかだ。

白鳳も多少、心理的に穏やかではないだろう。でも、そのレベルは違う。

たぶん白鳳は、連勝記録をもう一度挑戦してからの引退にしてほしいものだ。

ひとの子だ。

白鳳もそうなのだ。

ちょっとぐらい負けても、なんともその評論はあとを絶たないようだ。

« ひとは時間を操れない | トップページ | 中国の差別外交 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白鳳もひとの子:

« ひとは時間を操れない | トップページ | 中国の差別外交 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ