最近のトラックバック

« きらきらネーム | トップページ | ダルビッシュは勝ったか・・・ »

議員の投票行動にみる国家の行方

なんとも与党民主党の最高顧問であり、かつ元総理である鳩山さんが、与党政権である政府の決議事項になんのはじらいもなく、反対するというのはどういうことだろうか。

政党のトップとしての今までの責任は、どこへ消えたのだろうか。いやもともとないということであろうか。

色の違いは、昔から踏み絵とかいろいろある。

血判状なんていうものもある。

しかし、これでいいのだろうか。

民主主義というものが、どういうものか、子供のころから教えられてきたものと違うようだ。

決めたことに従う。これは多数決という原則である。しかし、そこには少数意見の尊重という大切なルールがある。

これも無視されて、多数決の結果も無視されて、個人攻撃ならぬ脅しの嵐がまっているようだ。

こういう国会における議員の先生方の行動を観ていると、どうにもこの国の未来が見えない気がする。

東日本大震災の恐怖とその復旧復興が第一の優先事項であるが、何も信念をもって決められない国会とはなんだろうか。

消費税率引き上げ法案が可決された。しかし、例の元最高顧問はまったく奇妙な行動をとった。あっちもこっちもという辞書にあるような八方美人ぶりである。国民はこの場合、そういう態度と行動を認めるのだろうか。

へなちょこ。

この言葉がぴったりするひとであろうか。

国家の行方にとって、自然消滅する人物なのであろう。

« きらきらネーム | トップページ | ダルビッシュは勝ったか・・・ »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 議員の投票行動にみる国家の行方:

« きらきらネーム | トップページ | ダルビッシュは勝ったか・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ