最近のトラックバック

« 日本人が100mで世界記録をつくるとき | トップページ | OWS ? »

宗教とは?

ひとを幸せにするのが宗教だと、漠然と考えてきたのだ。

しかし、実情はちがう。

そこでは、特定の動物を神格化したり、けがらわしい存在にして忌み嫌ったりしていることをみんな知っている。

なぜ、そんなことをするのか。疑問だ。

それがどうしてひとのしあわせとつながるのか?疑問だ。

アルコールの摂取を禁じる宗教がある。法律で飲酒を制限している国家もある。どこに違いがあるのか。

対象とする大衆国民の利益、信者の義務などという理由が挙げられそうだ。

でも、そこには厳しい生活環境というものがあるならわかることである。環境が違ってもきてもそういう状況下を想定して同じ教条を順守するのが宗教かもしれない。

今、世界は政治と宗教で争いをとる形になっている。

法律に従わない集団の存在は、国家政府との間に利害を生んでいる。絶対に分かち合えない関係というので、テロという定義がある。

無法社会では、この世界は収められない。

政治の秩序維持とともに、ひとの生き方という部分で道徳的なことが重要になる。だから、宗教の役割は大きい。しかし、宗教間の対立は争いの元になってしまっている。

宗教とは?

よいこともあるが、わるいこともある。

ひとは一人では生きていけない・・・。この言葉にもコミュニティでの生活維持というセフティネットの考え方がある。

孤立社会では、なかなか宗教の役割がいびつなものへと変化しても気づかないのかもしれない。親子の関係よりも、親戚知人とのかかわりよりも、なにか神秘的な幻想に惑わされることがよりこの世の中の答えをだしてくれそうに想うのかもしれない。

でも、なにかその考え方に問題があるのではないか。

« 日本人が100mで世界記録をつくるとき | トップページ | OWS ? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宗教とは?:

« 日本人が100mで世界記録をつくるとき | トップページ | OWS ? »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ