最近のトラックバック

« 総理から説明する意味・・・ | トップページ | 日本人が100mで世界記録をつくるとき »

たべものの安心とは・・・

牛レバーの生は規制で食べれなくなるらしい。

その理由は毒性のある細菌が潜んでいるからというのだ。

確率的には低いが、ゼロではない。それが理由だという。

もしも死者がでたら、だれが責任を持つのか?そんな命題を掲げているようだ。

そこに焦点をあてて議論をしている報道があった。

生鮮魚介類にそういう毒性のある細菌は常に存在しているのが実態だ。

でも、私たちは生で食している。刺身もあるし、すしもあるし、いろいろある。

ときに食中毒の話もでている。O-157とかその食中毒の常連の細菌類がいる。

たべものの安心について、あなたはどう考える?

子供のころ、山奥で育ったわたしは、サシミというものは食べなかった。もっともめったに食卓にでるものではなかったが・・・。

やはり、本能的に山間部での生の魚のリスクを感じていたのだろう・・・。

« 総理から説明する意味・・・ | トップページ | 日本人が100mで世界記録をつくるとき »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たべものの安心とは・・・:

« 総理から説明する意味・・・ | トップページ | 日本人が100mで世界記録をつくるとき »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ