最近のトラックバック

« 文武両道か? | トップページ | 総理から説明する意味・・・ »

三択でいいか・・・

原発政策について今、論議が盛んだ。

すべて再処理。

すべて直接処理。

再処理と直接処理の併用。

この三つが取り上げられている。

しかし、この三択でいいのだろうか。

想定外という部分に何かないのだろうか。

放射能と原発。

核エネルギーの利用にアレルギーが生じているようだ。

核はなぜ安全ではないか。兵器としての原子爆弾(核爆弾)のイメージがある。

爆発して放射能を発生する。放射線が生き物の細胞に悪影響を与える。

もし、無害な熱エネルギーだけに変換できないのか。

放射能を出さない原子力エネルギーの開発ということは、不可能なのだろうか。

放射線が熱を発生させることだけで、無害なら、安全なエネルギー源といえる。

技術には命題が必要だ。

だれかどこかで、こういう命題での研究開発を行っているひとはいないのだろうか。

ここで放射線エネルギーの研究が頭打ちになるのは、世界にとって得策ではないと私は考えている。

東電の次期社長が「もったいない・・・」という発言をして、取りざたされている。そして、その言葉に含まれる意味はあるものを有効に使うという経済の基本がある。ないものねだりより、既存のものを活用するという意味がある。

でも、そこで議論を批判・非難に変えてしまうと、怖気づいてしまう。社会の流れの中にもっと日本社会は源流というものをしっかりと理解しておかないといけないのではないか。技術に不信感・・・。それだけでいいわけはない。じゃの道は蛇であり、この世の中は、すべて組織下で多くの知力が競い合って、協調しながら、取り組んでものごとを解決しているのだ。

単一のことは少ないが、単一のことでいくら巨大な複雑な事業も成り立っているのだ。プロの存在が不可欠だ・・・。

この認識が今大切なのだと、私は考えている。

三択ではなんとも情けないはなしだ。

« 文武両道か? | トップページ | 総理から説明する意味・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三択でいいか・・・:

« 文武両道か? | トップページ | 総理から説明する意味・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ