最近のトラックバック

« 安全な出国を・・・ | トップページ | 倫理感の大切さ; 線量計の場合 »

イチロー12年の軌跡

昨年あたりから、絶好調から停滞に入った。

だれでもそうだ。

松井選手がヤンキースで活躍し、伊良部投手が活躍していた。

メジャーでの野茂投手のフロンティア精神が記憶にある。

絶頂期は常に終わりがある。どう人生への挑戦の階段をつくりあげるかは、個々の自由である。燃え尽きるのもいいだろう。しかし、燃え尽きれないこともある。

けがもある。病気もある。

それでもプロとしての誇りがある。

イチロー選手のマリナーズでの野球は、ヤンキースでどう評価されるのか。また、イチロー選手自身がどうプロのイチローを評価するのだろうか。

川崎選手のマリナーズでの活躍が注目されるのではないか。

レイズ松井選手の奮起もみたい・・・。

ひとつことが動くと、いろいろな期待が膨らむ。さて日本球界もどうなのか。どんな影響があるのか。

« 安全な出国を・・・ | トップページ | 倫理感の大切さ; 線量計の場合 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イチロー12年の軌跡:

« 安全な出国を・・・ | トップページ | 倫理感の大切さ; 線量計の場合 »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ