最近のトラックバック

« シリア情勢を巡る米ロの見解の対立 | トップページ | 女子短距離界 »

試行錯誤: チェルノブイリの教訓

あれは1986年4月28日のことだという。

ソビエトのチェルノブイリ原発の4号炉が事故を起こし、放射能が漏えいし拡散した。

いわゆる石棺というやつで閉じ込められた・・・というのは、だれでも知っている。

しかし、そこの1号炉と2号炉は、その後再度運転が開始されて、欧州各国の反対がずっと表明されてきたにも拘わらず、2000年まで続いたということのようだ。

まったく知らなかった。

同じようなことが、やはりどこでも起きる。

でも、その判断は難しい。

江戸時代の東京にかえれとは、だれも言えないし、縄文時代の日本にかえろうともだれもいはしない。

競争が命であり、そこから外れることは死を意味するということだろう。

一度、そういう競争社会に入ると、それが常識になる。

なにもしないで、自然の汚染のない空間で、自分の空想に浸る時間をもつなんていうのは、落後者のすること以外の何物でもない・・・のかもしれない。

しかし、今こそ、なにかこの答えを出すときではないだろうか。

ひとの一生における生活をどうデザインするか、それはひとりひとりのある意味で自由だともいえる。もちろん、社会の秩序がなければ、それは実現できないものの一つであるのだが・・・。

« シリア情勢を巡る米ロの見解の対立 | トップページ | 女子短距離界 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試行錯誤: チェルノブイリの教訓:

« シリア情勢を巡る米ロの見解の対立 | トップページ | 女子短距離界 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ