最近のトラックバック

« 毅然と反論すること | トップページ | ルースキー島? »

パラリンピック

マスコミの扱いも世間の注目度も異なるのが実態だ。

だが、どの競技種目でも勝ちあがることは、とても困難であり、みているとつい引き寄せられてしまう。

ロンドンがその発祥の地だという。大戦で障害をもったひとたちのリハビリが目的だったようだ。今、そういう発想でみるひとは多くはないだろう。戦後、日本各地にアコーディオンなどを演奏している戦傷者の姿があった。

その当時は、まだ戦争でいのちをかけて戦った勇気ある者として、ちょっと違う目で見られていたと思う。同情、哀れみというものとはちょっとちがう何かがあった。

今、いろいろなハンディキャップがこの社会にはある。ひとは、そういうハンデをどう活かすかという時代のようだ。どうして俺だけがこんな目にあわなければいけないのか・・・と、だれしも一度は想うだろう。いや、何度もなんども忘れたころにやってくる自分のあたまの中の現実ではないか。

そんなときに、できることをやる。できないことにくよくよするのではなく、自分のできることを発見してやってみることだと、気付いた人たちが、今、ロンドンで世界のひとたちと戦って友情を高めて、そんな精神を共有しているのだと、改めて思った。

柔道の正木選手は、金メダルだ。最重量級での男子での快挙だ。水泳もみんな頑張っている。

陸上の車いすのマラソンは、とても興味深い・・・。

ガンバレ、ニッポン!!

« 毅然と反論すること | トップページ | ルースキー島? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パラリンピック:

» 【バドミントン】 小椋久美子 流出騒動 画像・動画 [【オグシオ】 小椋久美子に流出動画のうわさ]
バドミントン小椋久美子に流出動画のうわさが!怪しい動画サイトで発見! [続きを読む]

« 毅然と反論すること | トップページ | ルースキー島? »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ