最近のトラックバック

« 女子レスリング、吉田選手 | トップページ | 大陸より海洋によるつながりが大事だと・・・・ »

おたおたしないで自信をもって進む日本の科学者たち

日本の科学者は堂々としている。

イメージはそうだ。

東海地震の恐れは、もう40年以上前にあった。

今住んでいるのは、そういうことを知っての上でのことだ。

歴史的に自然災害の予知は難しそうだ。でも、科学技術の発達があり、かなりデーターで予知精度が向上している。

しかし、地球の構造を考えると、どうなのだろうか。膨張、冷却による縮小とかあるだろう。それは温度とか圧力とか、太陽のエネルギーの蓄積とか、ほかの惑星との釣り合いもあるし、どうなのだろうか、人工衛星の数が多くなると、地球自転とか公転に影響してくるのではないだろうか。

将来、地球軌道を惑星間の引力を利用して変えるなんていう技術が本格化したら、そこで地球内部の圧力と宇宙からの圧力が不均衡となって、計算するにしても、誤差があって地球がつぶれてしまったり、内部膨張で変形することは、容易に考えられる。

そんな大きなことは今はないものの、地球温暖化とか、地球循環系の海水も空気もそういうバランスに影響を与える。地球シミュレーションですべてが網羅できるだろうか。

地殻のずれを観測するだけでの結果だけを追求しても、その変化の精度を予知するのは困難ではないか。

前提条件があっての予知であり、そこに考慮に入れない要素が無限にあることを、科学技術者はリスマネとして知っているはずだ・・・。そういう条件での予知であることを認識していかなければならぬ・・・。

« 女子レスリング、吉田選手 | トップページ | 大陸より海洋によるつながりが大事だと・・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おたおたしないで自信をもって進む日本の科学者たち:

« 女子レスリング、吉田選手 | トップページ | 大陸より海洋によるつながりが大事だと・・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ