最近のトラックバック

« こめびつの中をのぞく | トップページ | シリア軍、停戦合意も、反撃の権利保持ってなんだ? »

わかものは老いる

若者だった。

みんなそうだった。

老政治家も引退のプロ野球選手も、みんな若者だった。

若者は、若いことを気付いているのだろうか。

そんな世界へと飛び出す勇気があるのは、わかさというものがあるからだ。

でも、若くしてわかさを喪失してしまうひとたちも多くいる。

どっちかをあなたが選べるとしたら、あなたはどうする。

「だめ」を選ぶか、それとも「だめでない」方を選ぶか。

ドラフト会議での悲喜こもごもはいつものことだ。だが、そこにあるのは、たしかに若さというものを持った若者たちであり、次の球界を支える人たちである。

老いた昔の若者は、まだ大丈夫と口先だけは達者だ・・・。それは、政治家だから、小説家という浪漫を売る商売だから、できるのかもしれない。

自分は老いているということを、うまくごまかしても、やはり歩くすがたは、おとしよりだ。石原新党の設立に「立ち上がれ日本」が母体になるのだという。

だれか政治評論家が、TBSのひるおびで「タチガレ」新党だと・・・揶揄していた。

そんなことは百も承知の石原裕次郎のお兄さんだろう・・・。

若者は老いることを、認識しているのだろうか・・・。まかせてみてはどうなのか。

心配症は、なおらないようだ・・・。

« こめびつの中をのぞく | トップページ | シリア軍、停戦合意も、反撃の権利保持ってなんだ? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わかものは老いる:

« こめびつの中をのぞく | トップページ | シリア軍、停戦合意も、反撃の権利保持ってなんだ? »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ