最近のトラックバック

« まだ解散してはいなかったのだ・・・野田総理 | トップページ | 野合と言われる第三極とは・・・ »

キューバとの強化試合

日本は、スポーツ大国になる・・・。

それは、日本のみんながスポーツを楽しむことだ。

選手がその技術を改善し、向上させようとするのは、そういう支援があるからだ。

プロ野球選手がメジャーを目指すのは、当然のことだし、サッカー選手がより困難なチームへと挑戦していくのもそうだ。

キューバの野球は、メジャーへの供給を担っている。だから、中南米のその他の国々もどうようだ。陸上選手も中南米ではみんなが米国の大学などで訓練している。

才能をどう活かすかという理論が明快なのだ。

とかく才能をもっているとなると、そこに悪意が育つこともあるが、そうではなく、もっときっちりとした覚悟をもって生きるという信念が必要だ。

ゴルフでも松山選手はアマで大きな試合に出場している。

なぜだろうか。そこにこたえがあるからだろう。

そんなスポーツの根本的なものが、日本にはまだ生きている。お金だけではない。技術を追求するこころがプロフェッショナルということだ。

プロフェッショナルはどの世界にもある。

そこに共通する考えがある。

キューバとの強化試合でみたものは何だっただろうか。

国家の仕組み制度の問題もある。

だが、そこにあるのは才能という流れのようだ。

WBC3連覇に向けて、どんな手ごたえを感じただろうか。

« まだ解散してはいなかったのだ・・・野田総理 | トップページ | 野合と言われる第三極とは・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キューバとの強化試合:

« まだ解散してはいなかったのだ・・・野田総理 | トップページ | 野合と言われる第三極とは・・・ »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ