最近のトラックバック

« 総理になるには・・・ | トップページ | NHKの顔 »

運動神経のいいひとがうらやましい・・・

スポーツのこととなると、子供のころ、走るのが遅かったことがすぐに頭に浮かぶ。

そして、あの長かった駅伝のタスキを渡すまでの一直線の道のりがあった。高校一年のときだった。なんで俺が選ばれたのか不思議でしかなかった。

でも走ったのは、どっかで自信があったのか、今は覚えていない。

いつになったら着くのか・・・、その想いだけ・・・。

どうも運動神経が劣っているのであろう。それは、体操という種目がオリンピックであるように宙返りとかバク転とか、吊り環とかもあるかな・・・。あんなのを観ていると、俺にもできるかな・・・「無理だ、絶対にできっこない・・・」。そして、いいんだと・・・自分を慰めるというよりも負けじ魂でのリベンジを想った。

運動がだめなら、頭で勝負?・・・。そんなことができればいいのだが・・・。どうも中途半端だ。

スポーツの楽しさとか、そういうものを知る手掛かりがあれば、いくら運動音痴でもポジションはある・・・。いまごろ気付いたのだ。

いまさら、からだがついていかない・・・。

しかし、若い時のすごい運動神経の持ち主も、よる歳波には勝てないようだ。格差が是正されたのだろうか・・・。いや、いやちがいは歴然のようだ。

いいものは腐っても鯛ってやつかもしれない。

生まれつきのことは、いくら悔しがっても仕方がないのだ。それよりも、そうやって文句の一言も言えるなんて・・・、お前はすごいな・・・と見られることもあるらしい。

まあ、生きてる証拠だ。

多少の勘のよしあしは、五十歩百歩だ。

« 総理になるには・・・ | トップページ | NHKの顔 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運動神経のいいひとがうらやましい・・・:

« 総理になるには・・・ | トップページ | NHKの顔 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ