最近のトラックバック

« 裁判所は大統領決定を裁く権利なし・・・ | トップページ | 冬のスポーツシーズン到来 »

大惨事の前になにもできないおのれがいる・・・

なんもでいねぇ。

いてもいなくても、おんなじだ。

そんな気弱な気分に押しつぶされるようだ。

大惨事を前になにができるのか。

東日本大震災から1年半以上を経過した。

こういう感覚も日々薄れていくのを感じて、やはり「忘れる」ことがひとには必要なのかもしれないと思う。

しかし、どうも無責任な気がして仕方がない。

でも、なんにもできねぇ。

いろいろとやろうとしても、役にはたたない。ボランティアで現地のがれき撤去とか清掃に労力を提供しても、外国の軍隊の組織的な行動をみて「はっ」とした。

やっぱり、社会のシステムが必要だ。個々の独りよがりでは何もできない。

そんな自己嫌悪の反省も、次第に薄れていくのが恐い。

社会も世界も政治も、みんな忘却しようとしているようだ。

大惨事の前にひれ伏す原発科学という図も見える。これでいいのか。善悪の二つで判断していいのか。

そういう二つは、どっちももともと否定される対象であるかもしれないのに・・・。

なにもできない・・・という状況からどう脱出できるか。

思案中だ・・・。

« 裁判所は大統領決定を裁く権利なし・・・ | トップページ | 冬のスポーツシーズン到来 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大惨事の前になにもできないおのれがいる・・・:

« 裁判所は大統領決定を裁く権利なし・・・ | トップページ | 冬のスポーツシーズン到来 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ