最近のトラックバック

« 偽の評価に戸惑う社会がある | トップページ | オバマ氏の勝利らしい・・・ »

米国の関心はどこにあるのか? WBC

WBC3連覇とか・・・いっても、騒ぐのは日本球界だけかもしれない。

そんな気がする。

マリナーズのイチローならWBCはあっただろうが、松井がいたヤンキースは一度も協力なんてしなかった。

わかるだろうか。

強気な交渉は、なぜだったのかが・・・、わかっただろう。

米国ではだれも関心を示していないのだ。試合はそれなりに見れば観客はプレーで楽しいから球場にはいく。

でも、勝敗には無関心だ。

なぜって、それは主体的な問題ではないのだからだ・・・。

運営のやりかたに主眼がありということだ。つまり、WBCの運営の主導権を持つことに、目的があるのだってことだ。

そこに日本はひやひやしながら、3連覇が可能かどうかと期待することがなんとも、日本人ってバカにされているとは思わないか。

だれのためのWBCか?

もちろん若手がこれから売り出すための素質を開花させるところを大勢の関係者に披露する場だと考えるのがいいだろう。

だから、チャンピオンなんていいうのは二の次であるのは、もちろんだ。

ダルビッシュ選手もイチロー選手もヤンキース残留なら、出場は期待しないことだ。若手に場を提供することでいいではないか。

完全に裏をかかれている日本球界にエールを送ることにしよう。

« 偽の評価に戸惑う社会がある | トップページ | オバマ氏の勝利らしい・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米国の関心はどこにあるのか? WBC:

« 偽の評価に戸惑う社会がある | トップページ | オバマ氏の勝利らしい・・・ »

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ