最近のトラックバック

« ソチオリンピックへ向けての戦いはじまる・・・ | トップページ | これからの世界に共通するもの »

「さっさと発言」と日本の記者たちの度量に落胆する

藤村官房長官に問いかけたら、「さっさと打ち上げてくれれば・・・」っていったという。

そんな昔話のようなユーモアが解せないのだろうか。

日本のマスコミの記者たちは、まるで幼稚園の園児のようである。

絵本もろくに読まなかったのだろうかと疑問を抱いてしまう。

なかなかユーモアのセンスがあるという感触をどうして伝えられないのだろうか。

日本の政府はなにもかも、オフレコでの公的な立場だからと言われては、まったくどうしようもない。

ノーと言えない日本人という言葉が世間に流れた時、外国人はなんて日本人はいつもハードで「ノー」とばかり言うのだろうかと不信がったという。

そんな程度では、見透かされてしまうではないか。

是々非々というではないか。原稿でぎっちりの新人アナウンサーではないのだから、自由にこころを遊ばせて、官房長官の言動を伝えるための努力をしなければ、ますますこの国は暗い元気のないじめじめした国家になり下がるのではないか。

報道とは、社会の動きがあることが前提であろう。

そして、大衆や庶民がそのニュースを心待ちにしているのだ。

そこにユーモアもなく、あんな右足から動いたのは、世界の秩序に反しているなんてたたくのだろうか。もっともどっちの足から動いてもいいのだが、マスコミがそういうと、そんなものかと世間も惑わされてしまうのだ。

もっと普通の度量をもって、とくに官房長官という要職の大臣にはゆとりを感じさせるような姿勢で臨んでほしいと切望するものである。

« ソチオリンピックへ向けての戦いはじまる・・・ | トップページ | これからの世界に共通するもの »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さっさと発言」と日本の記者たちの度量に落胆する:

« ソチオリンピックへ向けての戦いはじまる・・・ | トップページ | これからの世界に共通するもの »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ