最近のトラックバック

« 世界への夢はちかくにある 大前選手ドイツへ | トップページ | 中国の米国への牽制の意味 »

浮動票の有権者層、決断は一秒で・・・

報道によると、自民が過半数を制覇する勢いだという。

小選挙区では、ほとんどが当選ラインにあるという。

でも、まだまだゴタゴタが聞こえる。ほんとうにうまくいくのだろうか。

すごい野党になれたといえるだろうか。下野して3年半たち、まだまだ与党の態度であったし、一方で野党の無責任さを謳歌してもいた。

衆参ねじれ国会で、国民生活に必要な重要案件を「馬にニンジン」でちょっかいを出し、政権担当能力がないと糾弾したりしてきた。

みていてもう飽いた・・・。

どうするべきか。民主党の野田総理はよくやっている。地道な姿がいい。よく国際捕鯨委員会にも野党時代から出ていたのだ。まるで与党の重鎮のようにしていた。

できるなら、野田総理にもっと続投してほしいものだ。

世論調査はまだ半分以下の国民の意思しか拾ってはいない。

だから巻き返しには十分だ。あきらめなければ、十分な時間だ。

有権者は投票を決断するのに1秒とかからないのだ。

覚悟をして決意をして望む戦いは、聖戦というのだろうか。

もしも、そういう気概を総理の与党に感じたなら、浮動票は第三極ではなく、与党民主党に流れていくのではないか。

とにかく頑張りがこころを打つ政治がキーポイントではないか。

あまりに愚かな総理の首のすげ替えは、いけない。

« 世界への夢はちかくにある 大前選手ドイツへ | トップページ | 中国の米国への牽制の意味 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浮動票の有権者層、決断は一秒で・・・:

« 世界への夢はちかくにある 大前選手ドイツへ | トップページ | 中国の米国への牽制の意味 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ