最近のトラックバック

« 大丈夫ではないかもしれないが・・・ | トップページ | 政治の焦点は移動した・・・ »

箱根のやま

やはり、勝負は箱根の山登りだった。

昨年も今年も、この6区の山登りが勝敗を分けた。

日体大の主将は、3年生でこの区間を担当した。

行ってみれば、勝ちパターンを東洋大学から盗み取ったということだろうか。

勝負の分岐点というものを冷静に把握して、予選会からチームが一丸となってトップ通過したというのは、チーム力の現れのようだ。

それと、総合優勝後の監督のことばが、とても印象的だった。

自分がブレーキとなったことを、ばねにしていたのだと悟った。それは昨年の反省であり、具体的な対応の大元となった。

そこには、選手たちの涙という悔しさがあったのだ・・・。

箱根の山が、往路と復路で味方をしてくれたとも思えた春の一閃だった。

« 大丈夫ではないかもしれないが・・・ | トップページ | 政治の焦点は移動した・・・ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根のやま:

« 大丈夫ではないかもしれないが・・・ | トップページ | 政治の焦点は移動した・・・ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ