最近のトラックバック

« おたおたしているおのれにはらがたつ・・・ | トップページ | アルジェリア人質事件 »

交換トレード、日ハム対オリックス

選手は商品。

そんなことをいとも簡単に感じるのが、プロ野球における交換トレードではないか。

非情ともいう。だが、幸運かもしれない。

なぜならば、ほかのチームが欲しているという選手は幸せであると思うからだ。

日ハムの糸井選手は、昨年の日本シリーズで大活躍だった。みんなが名前を覚えた。今まで日ハムというチームをよく知らない大勢の人たちが、糸井選手とか中田選手とか、台湾のオーダイカン選手とかの活躍をいきいきとして、気持ちのいい野球をすると感じたのではないだろうか。

今年も期待した。

だが、ライバルチームというのか、対戦相手になる同じパリーグへの移籍となった。複数選手のトレードだが、それぞれに新たなチームでの起爆剤になるのではないか。

あまりに、超エリートチームでは、その純血主義とかいわれて久しいが、伸びしろはなくなるのかもしれない。

横綱大鵬は旅立ったが、巨人は不滅だと長嶋監督がいっていたらしい。卵焼きはどうだろうか。どこもトレードなんて話はない。

巨人・大鵬・タマゴヤキ。

これに代わる三つの言葉は、金融・財政・成長ということらしい。

税金をできるだけ多く払って、この国の財政を潤すのはだれだろうか。スポーツ界の海外渡航がその先陣をきるなんていうのは、夢物語だろうか。

テロに揺れる世界情勢は、どこで収拾するのか・・・。

問題はおおい。

交換トレードなんていう手法は使えない。宗教論争だなんて、その議論の中身をすり替えようとしている集団が世界のテロ集団なんだ・・・。

« おたおたしているおのれにはらがたつ・・・ | トップページ | アルジェリア人質事件 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交換トレード、日ハム対オリックス:

« おたおたしているおのれにはらがたつ・・・ | トップページ | アルジェリア人質事件 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ