最近のトラックバック

« どう変わる生活の中のIT(アイ・ティー) | トップページ | 気球事故に想う »

ケガとスポーツ

スポーツ選手のケガは普通のひと(?)とは違う。

いつも選手は願う。

シーズンを通してけがなくプレーできることを願うのだ。

けがをするときは、油断がある。

たしかに普通のひと(?)でも肩の荷を下ろしたときがあぶない。

それは、困難に立ち向かってきたことへの証のようなものでもある。だが、他者には認められることはない。

だから、そこに間隙が生じて、ケガをしてしまう。

しまった・・・。そうなるが、スポーツ選手はあきらめも早い。回復に専念する。治りも早い。

一般的にはそうだが、治らなくなるケガもある。

だから、プレーできるときに懸命になる・・・。

そこがいい。

そう私は想うのだ。

WBCやACLで頑張ってほしい・・・。もちろんワールドカップの進出も決めてほしい。

心配なのは、宮里選手のむちうち症(?)か。精神的にもダメージを受けているとの報道もあり、今まで大きなけがなくやってきたので、しっかりと静養してほしいものだ。

« どう変わる生活の中のIT(アイ・ティー) | トップページ | 気球事故に想う »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケガとスポーツ:

« どう変わる生活の中のIT(アイ・ティー) | トップページ | 気球事故に想う »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ